週一回照明デザイナーの視点で切り取った折々の風景や気になる言葉を少しずつ綴っていきます。ALG本サイトwww.alg.jp
     ALG

クリスマス-光と色

candle_winter_christmas

「師走」という言葉とは裏腹に、街はクリスマス一色に染まりお祭りモードな様子はなんとも微笑ましい。電子メールが普及した現代では手紙の需要が減少しているが、アメリカでは12月になると紙媒体のクリスマスカードを贈る習慣がいまだに人気のようだ。贈られたクリスマスカードをツリーのまわりに飾ることで、クリスマスに向けての気持ちを高めていくそうだ。アメリカでは多民族国家の由縁から、家族との絆をどこの国よりも大きく表現する。クリスマスカードも愛情表現の1つとして、今年も大事に1通1通贈られることだろう。

クリスマスと言えば赤と緑を連想する。それらは宗教と絡んだ意味があるようだ。 Christmas Red、それはキリストの血の色と愛という意味が、そして緑は永遠の命や春の訪れを象徴している。一方、日本人にとってのクリスマスとは宗教的な意味を理解せずとも、1年の終わりを締めくくる厳かな気持ちと、新しい1年を迎える希望をクリスマスになぞらえて、和の心にひっそりとあかりを灯すひとときではないだろうか。

■関連記事
クリスマス-光と色とぬくもりと...」
クリスマス-光と色の中で見えるもの
炉の光
クリスマス―赤・緑・白、色の秘密