週一回照明デザイナーの視点で切り取った折々の風景や気になる言葉を少しずつ綴っていきます。ALG本サイトwww.alg.jp
     ALG

心によみがえるもの

2007.10.10-2

8月の夜空。
今までよりもずっと街の明かりは静かに灯って、
都会の夜空も普段より色濃く見える。

コンスタントなビルの光の波が幾重にも続いて、
その奥には華々しく散る色とりどりの明かりの粒たち。
刻々とその姿は形を変え、色を変え、人々を魅了する。
いつもより深くて静かな暗闇に映える、一瞬の儚い輝きたち。

美しさを纏うその一瞬の煌めきは、
心に「何か」を残して、そして跡形もなく暗闇に溶け込んでいく。

星のようにずっとそこに佇む事は出来ないけれど、
それでも夜空に短く散って溶けていく姿に、
ずっと記憶の奥に埋もれていた忘れかけていた「何か」が、
次第に蘇ってくる気がする。

暗闇に消えて行く一瞬の輝き。
次第に心に蘇ってくるかつての記憶たち。