週一回照明デザイナーの視点で切り取った折々の風景や気になる言葉を少しずつ綴っていきます。ALG本サイトwww.alg.jp
     ALG

日本画と光1―美術から紐といて見えるもの

A_black_hawk_and_two_crows_by_Yosa_Buson
西洋画における光の扱い方は、キアロスクーロのように、光と影によるコントラストによる画面作り、写実的な表現が重視されている。
一方で日本の絵画では光はどのように描かれてきたのだろうか。
日本画は当時の最先端であった中国絵画「唐絵」を元に編み出され、東洋独自の感性と空間意識による表現を行っている。 線画を重視し、面を平坦に捉えることが多く、輪郭と質感を表すことに重きが置かれている。仏画などにあるように、光もそこに実際は存在しない記号としての「線」によって描かれ、現代の私達には漫画的な表現にもつながるようにも思える。
何故このような違いが生まれたのだろうか。 そこには絵具の違いが影響しているという説がある。油絵具が発明されてから、西洋では画面を垂直に立てた状態で絵を描くことが可能になり、画家は眼球を移動させるだけで対象物を写し取ることができた。 一方、東洋の水溶性の絵具は画面を水平に寝かさなければ絵具が流れてしまうため、画家は対象物から一旦目を離し、顔を下に向けて描くことになる。 外界を一度頭に入力し、記憶にしたうえで紙の上に再構築するというステップが、写実とは異なる美意識を育んできたのだ。
このように、西洋と日本における美術画においても光の在り方は全く異なり、その写実性は文化や風土、環境だけではなく、描写技術の違いによるという事も興味深い。

輪郭と質感を重視する日本画、そして光と影のコントラストによる写実的な西洋画。当時の人々はそれぞれの文化の中で、独特の美意識を育み、そして伝えてきた。 私達も、目に見えるものだけではなく、その時代の歴史、時代背景・環境なども想像しながら絵画鑑賞すると、より一層美術を楽しむ事が出来るのではないだろうか。
長きに渡る歴史の中で、芸術家が一貫して人々に訴えかけている本質的な事は、西洋も日本もあまり変わらない気がする。ただそれが具体的に一体何なのか、という事はまだぼんやりしていて明確ではない。だからこそ、先人の残したものを糸口に、目に見える物質的なもの内なる精神的なものの本質を感じ取る感性を、日々磨く必要があるのではないだろうか。

 

■関連記事
「日本画と光1-美術から紐といて見えるもの」
「日本画と光2-光と影の幻想を奏でる女性浮世絵師・葛飾応為」
「日本画と光3-光の浮世絵師・小林清親」
「日本画と光4-光が際立つ水墨画・横山大観」
「日本画と光5-独自の色と形で描いた江戸の絵師・伊藤若冲1」
「日本画と光6-光による陰影を描いた精密画・伊藤若冲2」