週一回照明デザイナーの視点で切り取った折々の風景や気になる言葉を少しずつ綴っていきます。ALG本サイトwww.alg.jp
     ALG

森と光たち

 

自然の中に存在する光たち。

南中の天高く射してくる光が、一つ一つの枝葉や木々を照らし、
今まで気づかなかった繊細なディテールとテクスチャを、浮かび上がらせる。
鮮やかな生命の息吹が、眩しく視界に飛び込んできては、
予期せぬドラマチックな光景に息を呑む。

風の中で踊る、細やかな枝葉の動きは、時折光に触れては
幾重にも重なり合う緑のレイヤーに、濃淡という多彩な表情を映し出す。

森の中に佇む、様々な木々や花々は、
光と交わった瞬間に、新しい生命を宿す。

南中から夕暮れへと刻々と変化する光、そして自然。
時と共に移ろい行く、一つ一つの枝葉や花々に宿る光の粒たち。

森に住まう光は、希望に満ち溢れたものなのかもしれない。
その光は、一瞬も、永遠も、美しさを纏い(まとい)、魅了し続けている。