週一回照明デザイナーの視点で切り取った折々の風景や気になる言葉を少しずつ綴っていきます。ALG本サイトwww.alg.jp
     ALG

灰色の下のストーリー

 

シルバーグレイの空に包まれる梅雨の季節。
ほんの少し前の、春の暖かな光がかすむ季節。
ほんわかした春の空気と、湿った少し冷たい空気。
春と夏の合間。

土と木々のにおいが、都会の街にそっと佇む(たたずむ)。
開けた窓から独特な風が頬を通り過ぎては、
弱まっていく春の感覚に、束の間の愛おしさを感じる。

シルバーグレイの空の下の、彩色豊かな紫陽花たち。
シルバーグレイの空の下の、カラフルな傘たち。

春と夏の合間。
ほんの短い間の出来事。
太陽不在の、凹凸や明暗を生みそうもない空だけれど、
それでもストーリーは生まれています。