週一回照明デザイナーの視点で切り取った折々の風景や気になる言葉を少しずつ綴っていきます。ALG本サイトwww.alg.jp
     ALG

雷光


夏も終わりに近づいていますが、相変わらず各地で「ゲリラ豪雨」が発生しています。東京都内では昨年の3倍にのぼるそうです。今回はその豪雨にたびたび伴う雷の光についてのお話です。

雷は積乱雲の中で上部と下部の電位差が拡大し、絶縁の限界に達した時に起こる放電現象です。1回の落雷はエネルギーに換算すると900MJ(家庭用エアコンを24時間フルで10日ほど稼働できる量)にも及ぶと言われます。
雷光はこの放電が強い光の束として観測されたものです。
放電の際には、周囲の空気が急激に膨張し、音速を超えたときの衝撃波が起きます。これが雷の音、つまり雷鳴の正体です。
雷が電気であることを発見したのは現在100ドル紙幣に肖像が描かれているアメリカの政治家・物理学者であるベンジャミン・フランクリンでした。1752年、嵐の中で凧をあげ、凧糸の末端にワイヤーで接続したライデン瓶により雷雲の帯電を証明しましたが、同様の実験をしようとして死者が出たことから、現在はあまりこの逸話は紹介されないそうです。